高梁川機関誌35号

機関誌「高梁川」35号

発行:昭和53年9月30日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
グラフ
-井原の世紀記念碑
-若山旅人歌碑
-山田済斎先生頌徳碑
-早島町歴史民俗資料館
-備中国分寺鐘楼
-井原大橋
-水玉・ハイウェイ
-高梁市石火矢町ふるさと村
特集 道 歴史の道・新しい道
-備中の山陽道中 岸加四郎 p.4
-むかしの道と交通運輸 片山薫 p.25
-道標と往来 長谷川明 p.34
-浅原峠と錐子の弦 安原秀魁 p.45
-近世の新田開発と道路 小野一臣 p.58
-由加の参道 原三正 p.64
-峠の道野佛の道 森下一夫 p.70
-観音道と遍路道 小橋役雄 p.81
-高梁川下流地域の農業水利事業 高杉杜雄・若林秀雄 p.98
-高梁川史その現代的意義 吉岡金市 p.114
-鉄の道「伯備線」50年 高瀬幸一 p.122
-伯備線駅舎カメラ行脚 平松一郎・横畑洋子 p.129
-長浜記 角田直一 p.136
-中国自然歩道 櫛下信久 p.142
-吉備路自転車道のあらまし 加藤昭吾 p.158
--定期観光バス「吉備路」 前田勉 p.162
--国立公園由加山蓮台寺 遠藤三則 p.164
--歴史の道 p.33
内田百間と武田麟太郎 美土路純 p.166
晩成の大器 米沢千秋 p.172
木山捷平さんとの出合い 谷口靖彦 p.180
石川達三 中学生の頃の事 大森隆夫 p.188
国語・言葉・漢字
-フランスの新国語施策 p.198
-外来語の創作当て漢字 p.200
-中国の漢字簡略化の動向 p.202
-ことばの浄化槽 p.205
-癌という漢字について 中野操 p.206
ミニコミ特集
-ささやかなミニコミ紙 堀禮子 p.244
-対話と住民参加を目指す広報紙 浜野仁 p.248
-新しいコミュニティ・メディアを目指して 浦上昭人 p.258
-演劇こそミニコミの原形 乾一雄 p.264
-自治体のコミュニティ施策 p.243
-倉敷のグループ活動 p.257
-ミクロ文化圏の再生 p.263
-産業と社会の対話の促進 p.268
山田済斎の頌徳碑 山田琢 p.210
地方の先駆者 窪田次郎 仁科晃 p.216
矢野賞について 浜田睦男 p.288
農業とは何だろう 佐藤正則 p.296
ふるさと特産育成対策事業 芝根善由 p.300
住居と植物 小坂弘 p.303
流域の城あと(5) 多和和彦 p.310
穴門山と弥高山 巌津政右衛門 p.312
石像文化財の採択行 井上雄風 p.316
倉敷道具横町のことども 鶴山北麓人 p.326
アマチュア無線のたのしみ 吉岡謙 p.328
キャンザスの夏 角南嘉巳雄 p.336
弁天様の小祠(遺稿) 三橋健 p.368
詩聖日 長谷川倫子 p.284
倉敷の電気のあゆみ 小坂浩 p.274
森の詩碑 中尾吸江 p.286
森の抒情 赤松月船 p.287
ジーンズの服について 小野強 p.358
井原の世紀について p.359
備中国分寺鐘楼 総社市教育委員会 p.360
二本松峠の若山旅人の歌碑 哲西町自然と文化を護る会 p.361
早島町歴史民俗資料館 林幸彦 p.362
高梁市石火矢町ふるさと村 高梁観光課 p.364
トピックス
-超党派による音楽議員連盟発足 p.24
-電力使用合理化に関するアンケート p.68
-8割の中学生核戦争を予感 p.112
-さかなが買い控えられた52年 p.128
-フランス人は本当に芸術に興味をもっているか p.187
-芸術は個性の創造物 p.191
-国民の芸術文化活動の状況 p.192
-備蓄思想を欠くソフトウェア文化 p.194
-万能の楽器シンセサイザー p.196
-ゼロックスとホッチキス p.240
-離陸する生活映像情報システム p.242
-40才台に多い住宅ローン返済世帯 p.263
-豪州という国 p.272
-シルクロードの感想 p.276
-日本人は背広がお好き p.278
-廃棄物 p.280
-医者の説法 p.282
-ソ連原子炉衛星の墜落に関わる背景 p.366
流域新刊・旧刊 p.373
あとがき p.380
表紙 鏡獅子 田中美術館 平櫛田中
カット 緋毛氈 大原美術館 緋毛氈