高梁川機関誌34号

機関誌「高梁川」34号

発行:昭和52年9月30日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
グラフ
-方谷先生像 備中国分寺経蔵 県立吉備路郷土館
-調彫風 倉敷市少年自然の家 万葉歌碑
特集・栽培漁業 とる漁業からつくる漁業へ
-栽培漁業 その現状と将来性 安枝俊雄 p.4
-倉敷市の水産業について 倉敷市水産課 p.15
-倉敷の海苔 安原秀魁 p.21
-川と魚 新見漁業協同組合 p.25
-アユモドキの天然記念物指定申請と指定 山岡操 p.36
--日本が200カイリ宣言 p.14
--漁業白書 p.20
明智と瀬戸の間 太田忠久 p.46
吹屋ふるさと村 長尾隆 p.52
小原七郎左衛門の義挙 大月雄三郎 p.61
芋代官太平記 惣路照通 p.70
小寺清先の人間関係 志水主計 p.100
大簡阿藤伯海 石部貞樹 p.110
木彫師平賀石泉について 黒田嘉一郎 p.116
平賀石泉先生を想う 林鶴山 p.123
石造文化財の採拓行脚 井上雄風 p.130
東町回顧 大森有平 p.144
愛は海を越えて 田中孝正 p.156
鏡獅子について 山岡昇 p.167
山田方谷先生百年祭 p.170
備中国分寺解体修理 p.172
日本の敷物文化史年表・岡山県い業百年史 p.174
倉敷少年自然の家 p.178
吉備路風土記の丘県立自然公園 櫛下信久 p.182
流域の城あと(4) 多和和彦 p.190
万葉歌碑神島建立の顛末 中山隆夫 p.196
ある灯台長の記 中尾吸江 p.202
食生活と植物 小坂弘 p.208
展望・1977NOWな芸術文化活動<岡山>
-岡山現代文学の展望 美土路純 p.216
-現代詩展望 岡隆夫 p.220
-俳句界展望 塩尻青笳 p.232
-岡山日本画の現況 岡本淡雅 p.240
-鉄と顔と 金谷哲郎 p.242
-グァテマラ土器と私 北村悟 p.248
-構想中の美術館について 古橋矢須秀 p.257
-倉敷とオーケストラ 小山裕章 p.266
-倉敷市合唱連盟について 田中浩 p.272
-現代音楽の展望 横田千之助 p.278
-岡山の洋舞の歴史 高谷芳夫 p.286
-日本の舞踊と西洋のダンス W・グレゴリー・フォービス p.292
-戦後の演劇活動 浅原健 p.297
-沈黙の詩 山崎繁男 p.315
岡山県民芸協会 p.328
岡山県民俗学会 p.330
古代吉備国を語る会 p.332
倉敷昆虫同好会 p.334
岡山県文学選奨 p.335
岡山県芸術祭 p.336
岡山県下の博物館 p.337
倉敷市自主文化事業 p.338
詩 記憶 藤本保二 p.142
俳句 瑜伽 極楽寺聖影 p.239
文化短信
-計量的日本人論 p.44
-水質源現状、予測、節水意識 p.69
-記録すべき無形民俗文化財 笠岡のヒツタカ p.141
-ポンピドー記念国立文化芸術センターについて p.164
-感動について、小さいことは良いことだ p.165
-文化庁買上優秀美術作品、美をもとめて、246億の全米芸術財団 p.166
-文化事業公団と文化宝くじ発行 p.181
-税金の使いみち、紙とゴミの量 p.188
-「合唱組曲・北九州」制定、「倉敷市心身障害者(児)の日」創設 p.215
-電気自動車の普及 p.231
-翻訳者及び翻訳物の法的保護等に関する勧告、著作権法30条の改正要望 p.333
-30代以上の男性のスポーツ選好人口 p.327
カット「緋毛氈」 満谷国四郎 p.68
新刊紹介 p.344
あとがき p.352
表紙 鏡獅子(田中美術館) 平櫛田中
カット 緋毛氈(大原美術館) 満谷国四郎