高梁川機関誌32号

機関誌「高梁川」32号

発行:昭和50年8月15日 機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
グラフ    
-唐三彩竜首瓶    
-流域の文学碑・倉敷市消防本部合同庁舎    
特集 原子物理学者仁科芳雄博士    
-仁科芳雄博士の思い出 仁科晃 p.4
-コペンハーゲンの仁科さん 木村健二郎 p.20
-仁科先生のことなど 奥田毅 p.24
-仁科先生と日本の原子物理学 小林稔 p.30
-仁科博士について 森健 p.35
-仁科芳雄博士顕彰事業について 才野俊匡 p.36
-仁科博士の死 島津英雄 p.39
-仁科博士の胸像について 神崎栄一郎 p.43
-仁科顕彰会について 継岩三郎 p.45
-仁科記念財団について   p.46
面と面つくり    
-茶屋町の鬼 佐藤圭一 p.60
-神楽面を彫る 長江俊忠 p.65
-神楽面にかける 上田春山 p.69
-仏像彫り 秋田実 p.74
市(町)の木・市(町)の花   p.136
抽象画家の先駆者・坂田一男   p.106
夢二郷土美術館   p.108
ミニチュアに憑かれて 高橋彪 p.79
船をつくる 秋田靖夫 p.88
春の宴 石本光石子 p.95
小田川流域古代鵜飼について 藤原隆景 p.101
流域の俳人たち 塩尻青笳 p.110
高梁川流域の同人誌 美土路純 p.124
晩年の木山捷平 庄司利治 p.128
詩集「高梁川」について 永瀬清子 p.134
流域の城あと 多和和彦 p.138
詩 朝のかね 金子洋一郎 p.86
短歌 日日のうた 清水比庵 p.127
短歌 井原・田中美術館 吉沢勝 p.42
俳句 老の自嘲 松本西平 p.29
俳句 活字の幻 洲脇義忠 p.161
金売吉次と「たたら吹き」製鉄 横田昌宜 p.143
観月園鶴翁西山雅雄のこと 桑田康信 p.150
坂崎出羽守 原三正 p.162
高梁川流域のツツジ 小坂弘 p.169
雑草と帰化植物および古代遺跡からの発掘種子の種類と発芽例 笠原安夫 p.178
第22回流域連盟総会   p.168
高梁川流域高校音楽会   p.133
流域の文学碑   p.149
ユネスコ分担金日本第3位   p.177
入場税免税点引上げ    
都道府県名と当用漢字    
東博,西美,近美の区分   p.51
流域新刊   p.194
あとがき   p.196
表紙 児島虎次郎  
カット 坂田一男