高梁川機関誌8号

機関誌「高梁川」8号

発行:昭和35年1月1日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
巻頭言 p.4
グラフ 倉敷市
倉敷市特集
-倉敷のおいたち 三宅千秋 p.25
-水島を語る 高橋勇雄 p.46
-倉敷の菓子 鶴山亀三 p.44
-ラープ博士を迎えて 山崎直治 p.39
-倉敷風土記 p.60
吉備の黒姫 丹羽勘次郎 p.9
私たちの絵画グループ 児島威 p.34
敬堂大原孫三郎翁 高梁川人物伝 郡山辰巳 p.14
流域の彫刻 脇田秀太郎 p.5
鳥声を求めて 岡本春一 p.20
雨夜の故郷 内山完造 p.12
小瑠璃 短歌 宇野善三 p.28
高梁川 俳句 谷口古杏 p.30
楽しい中毒は毒ではない 石井遵一郎 p.42
流域新刊 新撰正徹千首 続彰邦百話 金蔵山古墳 p.58
高梁川堤防を走る ヘルマン博士 大原総一郎 p.36
座談会 流域の文化活動 p.48
表紙 三橋健
カツト 柚木久太・中西一路
目次カツト(剪紙) 曜山真