高梁川機関誌70号

機関誌「高梁川」70号

発行:平成24年12月20日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
<特集>「戦時下の高梁川流域」
-15年戦争下の大原美術館 柳沢秀行 p.4
-戦時下に於ける新見町の大火と復興 竹本俊郎 p.11
-地域の中の戦争遺跡 三菱重工業水島航空機製作所の疎開工場 土屋篤典 p.25
-倉敷市立小学校「学校沿革史」に見る戦争 上田州信 p.39
特攻隊員が終戦直後に自爆 杉原尚示 p.48
-わが青春のモニュメント 思い出の倉敷海軍航空隊 矢沢昭郎 p.54
-今も、私の心に残る戦時下のこと 樋口皓廸 p.66
戦争中だった子どものころ 官尾雅彦 p.76
-戦時体制下を生きた一中学生の回想 定金恒次 p.84
-耐え難きを耐え 忍び難きを忍んだ 占領下の日本を回顧して 堀省三 p.98
-終戦直前の我が里 タケノコ生活 三宅将晴 p.112
-国民学校教育と新制中学校教育 福本晃 p.116
リレーポエム
-<詩>水の旅 日笠芙美子 p.124
-<短歌>高梁川中流に生きて 竹井可珠美 p.126
-<俳句>命の川 岩﨑ゆきひろ p.128
-<川柳>流れゆく動画 山本美枝 p.130
-<漢詩>漢詩八首 佐野俊夫 p.132
山陽道備中路の遠山金四郎と「ねぼけ先生」と 別府信吾 p.134
出版されなかった「甕江川田先生文鈔」或いは「文稿」 三宅昭三 p.143
井山宝福禅寺 ー古記を頼りにー 杉愼吾 p.154
<追悼>備北路来訪の回想者 与謝野夫妻の末娘 森 藤子さん永眠さる 森幸影 p.173
高梁川流域の詩情 井奥行彦 p.176
父 曜山 眞 「高梁川」が結んでくれた出会い 佐々木和子 p.184
総社と永井荷風 守安晴美 p.191
木造客車復活を目指して 羅須地人鉄道協会 p.198
笠岡にもあった戸田流秘伝の巻 水沢葭子 p.202
岡田藩における明治維新ー藩主伊東氏の場合ー 渡邉隆男 p.210
吉井勇と玉島 中山薫 p.236
金毘羅燈籠 その風景二 農業用水の溜池に建つ燈籠 野田和心 p.249
さきがけて咲いた花 久津見房子と山川均 井上久仁子 p.256
「土下座祭り」の起源について 田仲満雄 p.262
星尋山荘 本田實先生生誕百年 大野智久 p.268
夢二燦々 西林始 p.276
現役最古の木造校舎 西井秀明 p.282
第八十六国立銀行(高梁)設立者三島中洲と
阪神電気鉄道会社設立者外山脩造との厚き友情
高橋善雄 p.288
遺臣 団藤善平小伝 高見彰 p.316
アガパンサスの園 綾能綸子 p.338
流域ニュース2012
-<高梁市>吹屋の町並み 都市景観大賞を受賞 渡辺恵郎 p.354
-<矢掛町>西国街道(旧山陽道)と矢掛宿の町並み 西野望 p.355
-<新見市>草間台エコミュージアムについて 杉秀樹 p.356
-<笠岡市>祝 笠岡市市制施行60周年 岡田晴雄 p.358
-<倉敷市>銅山ツツジ山の復活へ向けて 竹井皓三 p.359
-<浅口市>二〇一二年は天文年 粟野諭美 p.362
本の紹介 p.364
表紙解説「月」 上薗四郎 p.366
高梁川流域連盟事業短信 p.370
本誌の広告案内・機関誌「高梁川」バックナンバー・ホームページ紹介 p.272
書店案内・あとがき p.374
表紙「月」(奉祝京都市展)(表紙解説…366~369ページ) 小野竹喬
口絵 高梁川流域の自然フォトコンテスト 2011
カット「茄子」 小野春男