高梁川機関誌69号

機関誌「高梁川」69号

発行:平成23年12月15日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
<特集>「児島虎次郎誕生 一三〇年記念」
-児島虎次郎と大原孫三郎 真摯な両家と奔放な事業家が造り上げたもの 大原謙一郎 p.4
-使命感と信仰心 児島虎次郎の足跡 佐々木勝美 p.9
-児島虎次郎の足跡を訪ねて 児島塊太郎 p.14
-児島虎次郎画伯の足跡を訪ねて 高山雅之 p.18
-画家 児島虎次郎 柳沢秀行 p.33
-児島虎次郎生誕130年記念展
『綜合デザイナー児島虎次郎 生活の芸術化をめざして』を開催して
渡辺浩美 p.41
-綜合デザイナー児島虎次郎 生活の芸術化をめざして 鈴木まどか p.46
心に残る一枚の絵 塩尻静香 p.49
リレーポエム
<詩>橋を渡る 田中郁子 p.50
<短歌>梁川折々の景 小見山輝 p.52
<俳句>俳句と私 木村英一郎 p.54
<川柳>川のある風景 前田一石 p.56
<漢詩>漢詩六首 高木昭昌 p.58
岡田藩における明治維新 伊東 蝶を例にして 渡邉隆男 p.60
温羅伝説よりみた鯉山の解釈 中山薫 p.77
清水紫琴と山川菊栄 梅花は花のさきがけなり 井上久仁子 p.84
岡山藩領「寄宮」顛末 別府信吾 p.88
「なまくら処方箋」① 消耗品になってしまった言葉、知識、思考 矢沢昭郎 p.101
東京オリンピック秘話 青淵隆督 p.117
「コンビナート」あれこれ 堀省三 p.126
井原市の興譲館天文台 大野智久 p.134
東日本大震災活動の記録 大本進 p.140
第一回倉敷国際トライアスロン大会完走記 竹内幸司 p.148
国民文化祭文芸祭「漢詩」大会 定金恒次 p.154
ボストン雑記・続編 福本晃 p.164
竹喬さんの俳句 句集「青黄句誦」について 西林始 p.177
金毘羅燈籠 その風景 火袋中の御礼と 灯点し燈籠 野田和心 p.182
随想 言葉と故郷 三宅将晴 p.188
白百合を持つ手に 綾能綸子 p.192
流域ニュース2011
<倉敷>「備中玉島を綿で白くする」玉島から全国に発信 西廣行 p.208
<浅口>かもがた町屋公園の四季 行事を中心に 虫明知恵子 p.209
<浅口>「浅口市阿藤伯海記念公園開園五周年」 三宅泰英 p.210
<新見>防災とスポーツの拠点に 新見市防災公園竣工 西岡宏 p.212
<笠岡>笠岡湾干拓地内の国道二号線バイパスに道の駅オープン 岡田晴雄 p.213
広報外交の先駆者 鶴見祐輔 備中松山藩家老の子孫 高橋義雄 p.214
大隈重信総長来岡「100年」記念 早稲田大学と大原孫三郎・原澄治 原武治 p.240
与謝野寛・晶子と末娘の旅について 備北路来訪80周年を迎えて 森幸影 p.272
『高瀬舩による大名行列』 田仲満雄 p.282
高梁川と高瀬舟 松山藩と新見藩における河川行政 杉愼吾 p.292
落日弁天台場 高見彰 p.314
『表紙解説』「和服を着たベルギーの少女」 柳沢秀行 p.337
新刊紹介・訂正 p.340
高梁川流域連盟 事業短信 p.342
本誌の広告案内・機関誌「高梁川」バックナンバー・ホームページ紹介 p.345
書店案内・あとがき p.346
表紙 「和服をきたベルギーの少女」(大原美術館蔵) 児島虎次郎 p.337〜339
口絵 高梁川流域の自然フォトコンテスト2010
カット 児島虎次郎アトリエ「無為堂」(写真)