高梁川機関誌6号

機関誌「高梁川」6号

発行:昭和33年4月1日 機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
特集グラフ 井原市    
流域の自然    
-倉敷にまつわる小鳥達の思い出 大原総一郎 p.4
-弥高山と穴門山神社 犬飼亀三郎 p.31
倉敷寸秒 俳句 谷口古杏 p.21
鵯鳥 短歌 宇野善三 p.27
満奇洞 詩 丹羽勘次郎 p.28
環礁海 詩 段塚靑一 p.48
高梁川断章 武野藤介 p.18
作家 井手訶六 花田一重 p.22
井原市を語る 大山文雄 p.28
井原の名菓 鶴山亀三 p.30
流域の文化    
-流域の画家 脇田秀太郎 p.8
-高梁川と神伝流 高見瑳志磨 p.12
中西一路君のこと 石井遵一郎 p.55
秋の人 梶谷秀宜 p.36
高梁川ラプソデイ 丹羽勘次郎 p.36
高梁川の水の旅 三宅秀典 p.37
高梁川流域文化研究所の設置 北野正男 p.54
高梁川流域短歌大会詠草   p.56
流域ニューズ   p.58
座談会 流域奨学生の歩み   p.38
大原寿恵子夫人と鳥 宇野善三 p.15
高梁川名称孝 三宅千秋 p.16
小野小町 中尾吸江 p.25
世界見聞 北京の鈴 山本遺太郎 p.50
表紙 三橋健  
カツト 柚木久太・中西一路  
目次カツト(剪紙) 曜山真