高梁川機関誌56号

機関誌「高梁川」56号

発行:平成10年12月20日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
特集 地域振興とプロジェクト
-かもがた町家公園誕生 秋田裕 p.4
-道の駅「鯉が窪」を訪ねて 浅井幹夫 p.10
-河川法改正 古川博一 p.14
-銅とべんがらの町成羽町吹屋というところ 田村教之 p.18
-おかやまファーマーズ・マーケット 藤原哲也 p.22
-新見市保健福祉センター 定岡正幸 p.26
池田遙邨とその周辺 前野嘉之 p.30
身近な猛毒・ダイオキシン 小郷英治 p.34
運命 高見茂 p.36
「記録」と「記憶」に残る倉敷のプロ野球 大文字敬介 p.38
倉敷市生垣コンクール 倉敷市(花とみどり課) p.40
ユニークな活動に取組む学園紹介
-豊かな国際性をもつ児童の育成 瀬戸町立千種小学校 p.42
-「あすなろ学舎」十年の歩み 稲田弘重 p.48
-コケの森「羅生門」の復元を目指して 岡山県立新見北高等学校 p.56
屁ノ突ッパリ 竹本健司 p.62
倉敷昆虫館ものがたり 小野洋 p.74
推理小説に見る倉敷美観地区 河上文久 p.84
遠くて近い国ネパール 息子へのメッセージ 飽浦幸子 p.96
パゴダの国を行く ミャンマー紀行 三藤早苗 p.118
高梁川流域・沿線二題
-井原線発車まぎわ 乗って、歩いて、各駅停車 田中正也 p.144
--井原線マスコットキャラクター p.165
--井原線開業記念・缶ビールのデザイン決まる p.166
-伯備線再発見 堀省三 p.168
故きを温ねて
-わたしは「倉敷航空隊」の予科練だった 矢沢昭郎 p.180
-阿知館と映画の追想など 西藤秀男 p.200
-中国銀行倉敷本町支店と薬師寺主計 高橋義雄 p.206
-吉備真備はスケールの大きな人 高見茂 p.216
-直情の人 有松英義 物部省三 p.220
-下津井台場と凌波隊 大谷壽文 p.234
-円通寺の大修復を終えて 長崎芳行さんに聞く p.248
-野球人国記 小沢馨さんに聞く p.258
備中松山藩主 板倉勝静のこと 高見彰 p.280
千屋ダムが完成 p.29
いくつ分かりますか難読な地名 p.95
新刊紹介 p.311
本誌の広告案内 p.317
高梁川流域リレー大会開催 p.317
あとがき p.318
表紙 倉敷市立美術館「行きくれてなんとここらの 水のうまさは 山頭火」 池田遙邨
カット 倉敷市立美術館「自画像」 大島勲
口絵 高梁川流域の自然フォトコンテスト’97