高梁川機関誌50号

機関誌「高梁川」50号

発行:平成4年12月25日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
特集 平成も三年
-漫画の世界 出光 永 p.6
-思いつくままの都市論 谷 義仁 p.16
-揺れる日本語 藤原明美 p.28
-日本の近・現代美術随想 小倉忠夫 p.42
-モダン・ダンスの流れ 高谷芳夫 p.47
風車とソーラー設備で作動する時計塔 武政基 p.60
自転車・歩行者専用橋に改修した「旧大正橋」 佃英司 p.61
水島支所の改築について 中山公司 p.62
御殿町を創出する公衆トイレ 森優 p.66
岡山観光二題 阪本康己 p.68
彫刻「一心同行」 元長正雄 p.76
彫刻「はじらい」 原田純彦 p.77
わが町のブロンズ像 竹本嘉顕 p.78
彫刻「日時計」 金谷哲郎 p.102
倉敷市北東部都窪丘陵の峠と道 斉藤伸英 p.81
現代物理学の父・仁科芳雄 その生家と会館 高田要平 p.85
大山名人を偲んで 嶋津英雄 p.94
木山捷平と井伏鱒二の親交 定金恒次 p.103
新山(笠岡市)の四季 木山豊樹 p.114
倉敷の音楽事情半世紀 諏訪正彦 p.132
第二回かさおか石彫シンポジウム 谷口靖彦 p.152
第6回全日本DM大賞 p.164
岡山県のイメージ p.169
シンボルマーク「イエローくん」 p.180
新しい交通安全スローガン・シンボルマーク p.181
第一回岡山県まちづくりアイディアコンクール p.182
殿から様へ p.187
申請書の押印の改善 p.188
省エネルギーセンターの事業概要 p.190
日本のエーゲ海・牛窓 山本卓也 p.192
日生鹿久居島古代体験の郷「まほろば」 雪吉興之 p.196
カミガツジプラザが完成して 塚本和男 p.205
中世夢が原 菊池和孝 p.210
瀬戸内文化サミット 工業都市から総合都市への飛躍 池田道孝 p.214
脈々と息づく神々の舞踏 第一回全国神楽サミット 渡辺恵郎 p.217
新見市・中国信陽市友好都市縁組締結について 宮島速男 p.220
荻野美術館について 荻野孝道 p.226
水島臨海鉄道連続立体交差化事業について 河田育康 p.223
漫画による地域イメージの向上 雛元成樹 p.236
倉敷市玉島歴史民俗海洋資料館について 橋本篤男 p.240
沙美海水浴場進入路のデザインコンセプト 秀川進 p.244
サンピア倉敷 小野陽一郎 p.252
幕末倉敷村こぼれ話 井上賢一 p.258
アイヌ玉雑記 原三正 p.267
近世後期笠岡の歌人 広沢澄郎 p.279
伊賀守流転 高見彰 p.287
文人木村勇退翁の商法 古城真一 p.312
備中浜村事件 引合人の立場から 池葉須藤樹 p.324
奇傑古川古松軒 大月雄三郎 p.342
吉備出身の王妃たち 宮原勘太郎 p.366
流域高校音楽会 p.341
岡山・吉備の国文学賞募集要領 p.380
第七回倉敷音楽祭 p.364
流域連盟規約 p.382
表紙について p.379
新刊紹介 p.374
本誌の広告案内 p.381
あとがき p.381
表紙「かさおか石彫シンポジウム」写真コンクール金賞"無我" 多賀義男
カット 石橋・裸婦・長崎の人(倉敷市立美術館) 満谷国四郎