高梁川機関誌43号

機関誌「高梁川」43号

発行:昭和60年12月25日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
特集 緑と水    
-岡山県の森林資源について 吉岡正見 p.6
--岡山県立森林公園   p.68
--岡山県の自然公園全図   p.70
-国有林   p.18
--新見営林署   p.28
--国有林のオーナー制度   p.44
-新見市の森林 小村幸男 p.32
-高梁市の森林 浦田実 p.38
-倉敷市の水源林 中西誠志 p.40
-玉野市の水源林 藤原進 p.42
-ふれあいの森事業 岩本壮八 p.46
-国立公園100平方メートル運動 大瀬昇 p.48
-緑の製鉄所 井上隆侍 p.54
-森林は緑のダムである 高谷金弥 p.58
-緑の文明シンポジウム   p.72
-緑の文明学会   p.82
-高梁川流域の自然   p.84
-鉱山の濁水公害 桑島一男 p.96
-児島湖流域下水道事業の概要 石川忠男 p.103
-児島湖浄化の運動を考える 小林桂 p.110
-岡山県における石けん使用推進運動 三宅綾子 p.118
-全国水環境保全市町村シンポジウムに参加して 山之内盛敬 p.124
-名水百選 第一回全国水環境保全市町村シンポジウム   p.128
--名水「岩井」   p.138
流域ところどころ    
-磯の森貝塚の調査    
-鷲羽山遺跡の発掘調査    
-竹やぶで大量の古銭見つかる    
-谷底から大量の土器出土    
-宝島寺仁王門の解体修理   p.140
-倉敷市中央駐車場完成   p.148
-瀬戸大橋架橋記念公園   p.152
-瀬戸大橋情報テレホンサービス開始   p.157
-鷲羽山ビジターセンター完成   p.158
-荻原郷土館   p.159
-旧広兼邸   p.160
-成羽町総合福祉センター   p.162
-哲多町新庁舎完成   p.164
-高梁総合文化会館   p.168
-千屋の牛追唄   p.213
-阿曽の歴史を守る会   p.214
-鳥や花木の橋名板づくり   p.170
-総社市制三〇周年記念事業   p.172
ホタルを育てよう    
-光の軌跡 長谷川亘 p.184
-倉敷にホタルをとばそう会 中村暢之 p.197
-ホタルの復活を願って 池尻桂治 p.198
-ホタルを育てる町 上谷仁志 p.202
-ホタルを愛し観光に燃える町 黒瀬宏子 p.204
-荒木川のホタル護岸改修 清水満 p.211
流域の太鼓    
-星の郷鬼龍太鼓 三村信介 p.233
-秀峰大佐山と大佐竜 王太鼓 安藤武 p.234
-下神代地方の太鼓田 植の由来 小早川正信 p.236
-茶屋町の鬼太鼓 佐藤圭一 p.240
高梁川流域連盟30周年の座談会を読んで 菊楽末一 p.216
敬堂会と有隣会 秀平政治 p.218
水島港とアデレイド港姉妹港湾協定の成立 鈴木改記 p.228
安全で美しい海を守るために 宮崎忠弘 p.230
倉敷管弦楽団10年の歩み 陶山容良 p.292
穴窯 北村悟 p.296
本田さんの星のある人生 小林源蔵 p.298
エリマキトカゲを育てる 守屋勝太 p.304
船と塔の模型をつくる 市成和信 p.311
国際ソロプチミスト倉敷 梶谷歌子 p.314
「今」なぜ腕時計はアナログか 松木忠良 p.317
町並保存と軽便鉄道博物館 まえのまさる p.324
特集 流域の彫刻・モニュメント    
-鏡獅子・西山公・岡倉天心先生胸像・良寛来・長寿明王・飛翔・ロダン青銅時代・円盤を投げる男・子守 斉藤彰子 p.242
-北木島山水・瀬戸内の風と波と舟 谷口靖彦 p.250
-竹の胸板・真備公像 渡辺敏和 p.252
-和牛像 松浦宏美 p.254
-太田辰五郎碑 若林邦久 p.255
-山田方谷像 菊楽末一 p.256
-少年雪舟像 仮谷貴一 p.257
-陽光 川田明 p.258
-展開 戸川恵介 p.259
-いにしえ・くろひめ 片岡幸夫 p.260
-童と良寛の像 森脇正之 p.262
-勃興門 高畠退策 p.264
-躍動 古谷正雪 p.265
-神伝流の像 江口浩三 p.266
-風 三宅秀男 p.267
-海彦・海辺 堂下泰広 p.268
-愛の像・青年の像・希望・大樹 西村敏雄 p.270
-創・道標 田中裕二 p.274
-無言劇の広場 越智和信 p.276
-衆・視 金谷哲郎 p.278
-森の精・若い力 岡本篤 p.280
-乙女の像 平松繁雄 p.282
-甦る響 岡部純子 p.283
-女神の像 高谷金弥 p.284
-鶴の母子順風の像 吉田耕平 p.285
-作品 三宅展夫 p.286
-洗礼者ヨハネ・歩く人・カレーの市民・横たわる母と子 守田均 p.287
-モニュメントの作者として思うこと 西村敏雄 p.290
一燈の中 庄司利治 p.336
井笠地方の蘭方医 広沢澄郎 p.346
歌人 小野節 吉崎志保子 p.354
足高神社と遍照院 小出公大 p.376
井野行恒と有漢地頭秋庭氏 川瀬潔 p.379
備中松山池田家騒動の顛末 安原秀魁 p.402
高梁川高瀬舟の切手二通 山本慶一 p.414
西行法師の児島路 武遣臣夫 p.416
平安朝の大嘗会和歌に現れた高梁川流域の地名風物 瀬良益夫 p.442
万葉集一五に記載された遣新羅使の和歌と玉の浦に就いての管見 藤田顕 p.462
・すすめよう「燃えろ岡山」県民運動   p.261
◯とX   p.201
表紙について 岡本悍久 p.399
新刊紹介   p.477
高梁川流域連盟規約表   p.3
本誌の広告案内   p.480
あとがき   p.480
表紙・カット 岡本悍久  
口絵 動く彫刻 片岡雅志(飯田善國、伊藤隆道、菊竹清文、田中薫)