高梁川機関誌17号

機関誌「高梁川」17号

発行:昭和40年3月15日
機関誌「高梁川」一覧に戻る

題目 筆者
グラフ
-マチス「マチス嬢の肖像」
-若山牧水歌碑・玄石翁讃仰の碑
巻頭言 自然科学コンクールを顧みて p.4
エジンパラの国際芸術祭 大原總一郎 p.6
山中鹿之介の最後 金岡武 p.10
絵と俳句 中尾吸江 p.16
掃除の詩 赤松月船 p.20
大飛島祭祀遺跡について 鎌木義昌 p.26
岡本豊彦のことども 北野正男 p.34
短歌 くれない 清水比庵 p.15
詩 山里 深山旅愁 p.46
俳句 夕ちどり 谷口古杏 p.68
短歌 詩碑たつ丘 宇野善三 p.83
岡山県学生ユネスコゼミナールのこと 芳川俊憲 p.47
京都三宝院庭の藤戸石 犬飼亀三郎 p.70
備中神楽をめぐって 三橋健 p.24
高梁川流域の昆虫 林憲一 p.56
池田遙邨先生について p.84
成羽美術館 竹内明照 p.33
流域の文学碑(5) 若山牧水歌碑 小坂弘 p.54
高梁川流域のえき・きよね p.32
郷愁の町 p.59
高梁川流域連盟十周年記念特集
-第一回高梁川流域自然科学コンクールを終って 杉山章平 p.60
入賞者 p.61
受賞のよろこび 大塚尚男 p.62
将来のはげみに 平松英志 p.64
一等賞になって(成羽町小・中学生) p.63
高梁川流域連盟十年の歩み p.77
流域だより・坂本音一育英会 p.55
流域新刊・編集後記 p.84
表紙・カット 池田遙邨