津田 白印【1862~1946】南画家社会事業家笠岡市つだ はくいん

 

 僧侶・画家にして社会事業家。南画を学び、優れた花卉図や山水画を多数残した。本名は明導(めいどう)だが、白印または白導人(はくどうじん)として知られる。

 文久2(1862)年、笠岡の浄土真宗浄心寺住職の次男として生まれる。30歳のときに、奈良監獄(刑務所)の教誨師となったが、少年囚の教化に取り組むうちに、罰することよりも、保護の手を差しのべることの必要性を痛感するようになる。明治33(1900)年、笠岡町富岡の本林寺内に「甘露育児院」を設けて、身寄りのない孤児を収容し、その養育・教育を始めた。明治39(1906)年、東北地方が大飢饉になったときには108人もの孤児を救済。のち育児院を笠岡の浄心寺へ移転するが、やがて孤児が減少したために、大正13(1924)年に育児院を閉鎖した。 また、その前年の大正12(1923)年には、学校に行きにくい女子の教育を充実するため、私立淳和女学校(現岡山龍谷高等学校)を創立して校長となり、女子教育の振興に尽くした。そして、これらの事業を行っていく上で、経営の危機に直面した時には、自らの書画を売って運営資金を集めたことはよく知られている。昭和21(1946)年、85歳で没した。

btn-print


学校法人淳和学園所蔵
無断で画像等の複製・転載・加工することを禁じます。

関連情報