渡り拍子高梁市わたりびょうし

  • 【場所】市内各神社
  • 【開催日時】10月~11月

 「渡り拍子」は、岡山県西部一帯、広島県東部に秋祭りの供奉楽ぐぷがくとして伝承され、現在、備中町をはじめ、市内各地で行われています。
 伝承によると、鎌倉・室町時代の闘鶏楽とうけいがくが起源であるとされます。また、神功皇后じんぐうこうごうが三韓征伐から凱旋した時の道中楽であるとか、朝鮮から来た使者の道中楽であるといった諸説があります。
 「渡り拍子」の系統を頭にかぶる衣装で分けると、尾長鶏の羽をふんだんに使った赤熊しゃくまと呼ばれる「鳥毛の渡り拍子」と造花を頭の上に飾り付けた「花笠の渡り拍子」の2つに分けられ、鳥毛、花笠どちらも胴丸の太鼓に跳び子が、4人1組で打鉦に合わせて太鼓を叩きながらいろいろな所作をします。
 なお、この種の「渡り拍子」は、かつては備中各地の秋祭りでもみられていたものです。

 

ページ内の文章・画像等を無断で複製・転載・加工することを禁じます。