茅の輪くぐり総社市ちのわくぐり

  • 【場所】総社宮(総社市総社2丁目18-1)
  • 【開催日時】7月

 「くぐり」は、正月から半年間のけがれをはらい、残りの半年の無病息災を祈願するものです。茅の輪をくぐることで、みそぎをして邪悪な穢れを祓い、災難を予防するといわれています。
 6月30日に行われる夏越なごしの祓いが本来のかたちですが、ここでは、7月末の土曜日に行われています。特に、この梅雨の時期から夏にかけては、疫病がはやることが多かったようです。そういった疫病除けに、「茅の輪くぐり」のまじないが有効とされたといわれています。拝殿前に、注連縄しめなわを張った結界内に、かやで編んだ直径数m程の輪を建てて、輪の中をくぐります。くぐり方は、地域で多少の違いはありますが、最初に左回り、次に右回りと8字を描いて計3回くぐります。境内では盆踊りを楽しんだり、夜店も並んでにぎわっています。

 

関連情報

総社市の行事

ページ内の文章・画像等を無断で複製・転載・加工することを禁じます。