初堰祭総社市はつぜきさい

  • 【場所】井神社・兼康神社(総社市井尻野928)
  • 【開催日時】6月

 「初堰祭はつぜきさい」安徳天皇寿永元年(1182年)に備中国妹尾郷(岡山市妹尾)の武将、妹尾兼康せのおかねやすが自分の領地に水を引くために、総社市井尻野六本柳にあった高梁川の堰を500mほど上流の湛井たたいに移し、樋門を設け、湛井から岡山の大福まで約18kmの農業用水路を完成させたことを記念しての行事です。
 現在は、湛井十二カ郷用水の名前で親しまれており、総社から児島湖に至る約5000haの水田を灌漑する日本で有数の農業用水路です。難工事であった堰と用水路の完成に感謝して、妹尾兼康は既に存在していた井神社の宮地を湛井堰(たたいせき)の近くに定め、新しい社殿を造営し、神社の祭典、維持管理に至る細かな掟を残しました。これにより、井神社の氏子は地元氏子の外に、農業用水を利用する氏子「水氏子」で構成されています。そして、妹尾兼康の偉業を讃え、恩恵に感謝して、井神社に兼康を祭神とする兼康神社が合せまつるようになりました。
 この偉業により毎年6月1日には水氏子関係者による「初堰祭」を行い、豊かな水の恵み、五穀豊穣、家内安全を祈願した後に高梁川から取水を始めています。

 

関連情報

総社市の行事

ページ内の文章・画像等を無断で複製・転載・加工することを禁じます。