真鍋島の走り神輿笠岡市まなべしまのはしりみこし

  • 【場所】笠岡市真鍋島八幡神社(笠岡市真鍋島4912)
  • 【開催日時】5月3日~5日

  • cimg_0460

 「真鍋島の走り神輿」は、真鍋島の八幡神社の行事で、3体の神輿が島の通りを猛烈な勢いで駆け抜ける勇壮なものです。元々秋祭りとして行われていましたが、近年では、ゴールデンウィークに行っています。3体の神輿それぞれに、輿守と呼ばれる担ぎ手8人と、まとめ役の警護1人がつきます。神輿をかつぐ前には、必ず棒術と獅子舞を行い、危険な箇所を清めてから神輿を出します。
 八幡神社から下りた神輿が、前の浜で飾り立てた漁船に乗せられ、海を渡って本浦地区に上陸し、その後、島の通りを駆け抜けるところが最大の見せ場です。

 

ページ内の文章・画像等を無断で複製・転載・加工することを禁じます。