大浦神社競馬神事浅口市おおうらじんじゃけいばしんじ

  • 【場所】大浦神社(浅口市寄島町7756)
  • 【開催日時】10月第1日曜日

  • 35%e7%ab%b6%e9%a6%ac%e7%a5%9e%e4%ba%8b%e2%91%a0

 「大浦神社競馬神事」は、浅口市寄島町の大浦神社に伝わる神事で、浅口市無形民俗文化財に指定されています。これは、大浦神社秋季例大祭で、永禄2年(1559年)に細川通董ほそかわみちただが伊予国の川之江城から青佐山城に移ったおり、沖合の三郎島に鎮座する八幡宮を現在地に遷座した際に、地頭株と領家株からそれぞれ20頭の神馬が出され、遷宮の行列に参列させたことに始まります。
 当時は戦乱の世であったため、祭に多数の馬を参列させることが困難となり、旧暦8月朔日に両株から集まった馬を競争させ、各株から1頭づつの駿馬を選び競馬神事としました。競馬神事に奉仕した競馬株は、地頭株と領家株からなります。
 寛永4年(1754年)にそれぞれ11株と現在の形になります。競馬神事の騎手は袴を着て片腕を脱ぎ、襷や手綱は地頭株は赤(紅)と領家株は白です。鉢巻きを締め、本社を右回りに3回まわりながら、2ヵ所に立つ的を目掛けて疾駆する馬上から3回射る流鏑馬の形をとります。大浦神社秋季例大祭の最大の見せ場です。

 

ページ内の文章・画像等を無断で複製・転載・加工することを禁じます。