かいごもり祭新見市かいごもりまつり

  • 【場所】岩山神社・国司神社周辺(新見市唐松地区内)
  • 【開催日時】旧暦正月亥の日(2回あれば初めの日、3回あれば中の日)

 「かいごもり祭」の始まりは、次のように伝えられています。元弘2年(1332年)に、後醍醐天皇が隠岐へ流される途中に唐松の国司神社で休息しました。この時、地区の男性は、天皇を警備するために神社に集まり、女性・子どもは、戸を閉めて家にこもり火気を止めて慎んだといわれています。これをお聞きになった天皇は、たいへん喜ばれ、この神社に対して甲冑かっちゅうと矢1本を奉納し、また、田を置いて位を下賜しました。そのため、この地を「位田」と呼び、この祭りを「皆籠祭かいごもり」と呼ぶようになったそうです。
 祭りの当日は、岩山神社での神事の後、杜人2人と供人1人で神社を出発し、田津川で身を清め、白装束・わらじ掛けに着替えて奥宮(弥山)を目指します。鳥居に差し掛かったところで、そばにまつる国司宮の小社で白餅・粟餅・さかき・弓の矢鞆などを供えてまつり、祝詞を奏上します。ここから上には、杜人・供人以外にはあがることができません。続いて、中御崎の国司宮で麹・長刀などを供えて祝詞を奏上します。奥宮では、供人が携えた麹・御弊・お山銭などを供えてまつり、その後、サイコロで各地区の吉兆を占います。

 

ページ内の文章・画像等を無断で複製・転載・加工することを禁じます。