阿智神社秋祭りの素隠居と屏風祭り倉敷市あちじんじゃあきまつりのすいんきょとびょうぶまつり

  • 【場所】阿智神社(倉敷市本町12-1)
  • 【開催日時】10月の第3日曜日とその前日

 「阿智神社の秋祭り」は、豊作を祝うもので、祭りの前日の土曜日の夜には、境内で舞や雅楽演奏などが催され、日曜日は神輿や布団太鼓を載せた千歳楽が町内を巡り、そこに獅子舞や「素隠居」が随行します。
 「素隠居」とは、江戸時代の頃、高齢のため祭礼に参加できない老夫婦が、自分たちの仮面を作り、それをかぶらせてお供をさせたことが始まりと伝えられています。「素隠居」は、おきなおうなのお面をかぶり、神輿や獅子舞に付き添って歩きますが、「素隠居」の団扇で頭を叩かれると御利益や1年間無病息災で過ごせるといわれており、頭を叩いてもらうために近寄ってくる親子連れもたくさんいます。また、本町から東町にかけての各家で、通りに面した格子戸をはずして、屏風を飾り、花を生けて人々をもてなす、「屏風祭り」も同時に行われます。

ページ内の文章・画像等を無断で複製・転載・加工することを禁じます。